SENSHIN NEWS

生徒・保護者の皆さんへ

2020年4月17日(金)

 4月も半ばに入り、ようやく春らしい陽気になりました。本来であれば、新学期を迎えて約1週間経ち、生徒の皆さんも新生活に少しずつ慣れ、新しい教室で笑顔いっぱいに学校生活を送っている頃だと思います。しかしながら、今、校長室の窓から見える桜の花も、皆さんの笑顔を見ることもかなわず、静かに散り始めています。

 新型コロナウイルス感染症にかかる緊急事態宣言、それに伴う自粛要請、臨時休校……と、未だ経験したことのない事態の中、日々報道される感染者の数に心を痛めるとともに、皆さんのことが心配でなりません。皆さん、元気でお過ごしでしょうか。

 今日は、始業式や入学式で皆さんにお伝えしたかったことを少し話そうと思います。

 不要不急の外出自粛ムードが高まる中、私は、こういう非常事態にこそ、どう生きるか、「人としての真の価値」が試されると思います。本校には、「誠実」「勤勉」「温順」「奉仕」の4つの校訓があります。皆さんには、今こそ、これらを心に留めて、行動してもらえればと強く願います。

「誠実」―1日でも早く「当たり前の日常」を取り戻すためは、不要不急の外出はしないでください。皆さんの「誠実」な行動が必要です。

「勤勉」―学校再開に向けて、生活のリズムを崩さないように。しっかりと課題を「勤勉」に取り組んでください。

「温順」―外出自粛の中、友人への連絡手段はSNSなどが中心になりと思います。ストレスが溜まる時期かもしれません。世間では何かと「批判する」風潮が高まっています。私は、こういう時こそ、世間を、家族を、他人を悪く言わない「温順」、優しさと思いやりが必要だと思います。

「奉仕」―家庭生活が中心になる中、「家族」を強く意識する時期ですね。今こそ家族を大切にし、家事の手伝いなど「奉仕」してください。

 皆さんが登校できない間、私たち教職員は新しい教室の個人ロッカーを組み立てたり、皆さんに郵送する家庭学習の課題作りやその郵送の準備をしたり……と、皆さんと出会える日を期待しながら前向きに取り組んでいます。

 生徒の皆さん、いつ学校が再開されるのか、不安な気持ちで過ごしていることでしょう。特に、3年生の皆さんは受験、クラブ活動、行事などがどうなるのか、不安な気持ちでいっぱいだと思います。

 でも、心配しないでください。私も教職員も学校再開後、皆さんが安心して満足いただけるよう「明るく前向きに」準備しております。皆さんも4つの校訓を心に留めて「明るく前向きに」、ともに乗り越えていきましょう。

 保護者の皆様、フェアキャスト、ホームページで連絡いたしましたとおり、大阪府教育庁の要請により、教職員は、在宅勤務日を設定いたしました。それにより、学校へのご連絡にご不便おかけいたしますが、何卒、ご理解とご協力をお願いいたします。もうしばらくお嬢様をご家庭にお預けいたしますが、何かございましたらご連絡ください。

令和2年4月17日

宣真高等学校

校長 中川千津江

宣真高校公式LINEで学校情報やクーポンを配信中!

友だち追加
ページのトップへ戻る